インポートブランドのジュエリー・時計

最新情報

憧れのブランド時計

ジュエリー市場は、ジュエリーらしい上質感を維持しながらもファッション化、カジュアル化を進めるブランドが優勢です。コーチのようなアクセサシブル・ラグジュアリーブランドが人気を集めるバッグ市場と同様の傾向といえる。 インポートの時計は憧れです。腕時計は人の目につき注目されます。私は安い腕時計をしているので、大事な場面ではしていきません。ロレックスほどじゃなくても、マークジェイコブスの腕時計とかしてみたい。いい時計を身に着けていると、その人の印象は違います。靴と同じような効果があります。私は靴も課題なのだが...。 ネクタイやポロシャツなどは友達の社長さんがたまにくれるのだが、インポートブランドの腕時計は流石にくれない。

時計といえば私の実家からそう遠くない地域に老舗の時計工場がある。昔から日本のスイスと呼ばれています。 モテルためにもいい腕時計は重要な気がする。私には足りないアイテムが多いなぁ。 高いインポート腕時計は何百万円もします。そこらの車より高い。私も高級腕時計を買うことをモチベーションにしてもっと稼がなければです。 バーバリーの財布がもう古くてやばいですが、バーバリーも腕時計があるのですね。バーバリーはそんなに高くない。3万円でも買えますね。最初のターゲットはバーバリーにしようかな。アルマーニの時計もシブいです。これもそれほど高くない。名門オメガはどうでしょう。流石に値段は100万前後します。

2014年4月 4日||トラックバック (0)

インポートブランドのうつりかわり

ジュエリーや時計はインポートブランドの強さが目立つ市場だ。もっともバブル経済のピーク時には3兆円を超えるまでに拡大した市場規模も、最近 では1兆円規模にまで落ちこみ、不振にあえぐ企業が多い。ブルガリやティファニーなど際立つ強さを見せていたインポートブランドも、市場の低迷傾向 を受けて、さすがに一時の勢いは失せている。そんな状況下で、堅実な人気を維持しているのが、ギリシャ発のブランド、フォリフォリとドメステックブ ランドの4℃である。

91年の日本進出時の知名度はほぼ0だったにもかかわらず、フォリフォリは日本市場に定着。70億以上の売り上げをあげるまでに成長した。シル バーとゴールドアクセサリーのコンビネーション技術の高さを特徴とするフォリフォリは、存在感があるデザインながら、日本女性好みの可愛らしさを併 せ持つ。豪華であるが、使用シーンがハレの日に限定されがちな他のラグジュアリーブランドと違って、日常の服にも合わせやすい。また、商品単価をO Lでも買いやすい価格帯に設定し、ピアスホールを空けていない女性のためにクリップタイプを増やすといった現地化戦略も功を奏した。

4℃は、華奢で繊細なデザインでファッションジュエリーというマーケット開拓したブランドだ。72年に創業した。普段使いのジュエリーという意 味で4℃を国内ナンバーワンのブランドに育て上げた。 96年からは4℃よりも1つ上のブランドとして、新ブランドのルジアダをスタート。

2013年9月 5日||トラックバック (0)